鳥類?レッドリスト?絶滅危惧種?NO16

鳥類?レッドリスト?絶滅危惧種?NO16

今回も、レッドリストに記載されている鳥類についてレビューします

 

 

オオアジサシ

学名 Sterma  bergii

分類 カモメ目カモメ科アジサシ属

全長約 45cm

インド洋、西太平洋に分布する

夏季に、アフリカ大陸南西部、ユーラシア大陸南部、オーストラリア

フィリピンなどで繁殖する

海洋に生息し、食性は動物食で、魚類、軟体動物を食べる

繁殖期には集団繁殖地(コロニー)を形成する

 

 

ベニアジサシ

学名 Sterna  dougallii

分類 チドリ目カモメ科アジサシ属

全長約 31cm

イギリス、デンマーク、アフリカ、インド洋の島、中国南部、フィリピン

東南アジア、ニューギニア、オーストラリア、北アメリカ東岸、カリブ海

などで繁殖する

非繁殖期は周辺の海域に生息するが、北方で繁殖した個体は冬に南へ渡りを

行う

日本では、夏鳥として奄美群島や沖縄諸島に渡来し繁殖する

海岸、海洋上に生息する

干潟や埋立地の水溜りに入ることもある

 

 

エリグロアジサシ

学名 sterna  sumatrana

分類 チドリ目カモメ科アジサシ属

全長約 30cm

インド洋、太平洋南西部、東南アジア、オーストラリア北部で繁殖する

非繁殖期は周辺海域に広く分布する

日本では夏季に、奄美大島以南の南西諸島に繁殖のため飛来する

熱帯、亜熱帯の海洋に生息する

食性は動物食で、魚類、甲殻類を食べる

 

 

コアジサシ

学名 Sterna  albifrons  Pallas

分類 チドリ目カモメ科アジサシ属

全長約 24cm

ユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖し、アフリカからオーストラリア

にかけての沿岸部で越冬する

また、カリブ海沿岸域やハワイ諸島にも分布する

日本では本州以南に夏鳥として繁殖するが、繁殖地の減少に伴い数も減少

海岸や川などの水辺に生息し、魚類などを捕食する

繁殖前には、オスがメスに獲物をプレゼントする求愛給餌が見られる

 

 

ウミガラス

学名 Uria  aalge

分類 チドリ目ウミスズメ科ウミガラス属

全長約 40cm

北太平洋、北大西洋、北極海に広く分布する

冬季には、本州北部まで南下する

食性は動物食、潜水しイカ、シシャモ、イカナゴ,ギンポなどを捕食する

 

 

ウミスズメ

学名 Synthliboramphus  antiquus

分類 チドリ目ウミスズメ科ウミスズメ属

全長約 25cm

北太平洋に分布し、主に千島列島からアリューシャン列島

アラスカ西部などで繁殖するが、日本でも天売島、三貫島などで

少数が繁殖するとみられる

非繁殖期には、10羽ほどの少数の群れで行動する

普段は海上に浮かんで生活するが、たまに港などに現れる

繁殖期には、海岸の岩の隙間に巣を作る

食性は動物食で、潜水して魚類や甲殻類などを捕食する

 

 

今回は、以上となります

それでは、また次回!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください