とうがらしの特徴は?名前の由来と味は?レシピを紹介!!

とうがらしの特徴は?名前の由来と味は?レシピを紹介!!

とうがらしの特徴は?

下ももの下腿三頭筋、人間でいえばこむら=ふくらはぎの筋肉に当たり、部位にもよるが
一般にもも肉の食感は硬めで、汁気が少なく多少パサつくといわれるが、とうがらしは別で
もも肉とはいいながら、張りがあってみずみずしいのが特徴的です。

名前の由来と味は?

滑らかな肌合いと色・つや・形が唐辛子に似ているからこの名前がついていて、それほど赤くなく
むろん味は縁もゆかりもなく、姿は愛らしい肉です。
塩で焼いた肉をひと口噛めば、歯ざわりはやさしく、汁気も感じさせて、肉好きを喜ばせる
実にオーソドックスな味なのです。

とうがらしレシピを紹介します

No1
とうがらしとほうれん草のホイル焼き

<材料>

とうがらし:200g

玉ねぎ : 1/2個

ほうれん草 :1/4束

しめじ  :1/2株

サラダ油 :適量

塩・こしょう : 少々

バター    :小さじ2

ポン酢    : 適量

<作り方>

1. ほうれん草はレンジで1分加熱し水でさらして絞り
  3cmの長さに切ります。

2. 肉は厚さ1cmのそぎ切りにし、玉ねぎは薄切りにし
  しめじは石づきをとりバラバラにします。

3. 30cm角に切ったアルミホイル2枚を用意し、中央に
  油を塗ります。

4. 3に玉ねぎの半量を敷き、その上に肉・ほうれん草・しめじを
  半量ずつ順にのせ、塩・こしょうをふります。

5. バター小さじ1をのせてきっちり包みます。

6. フライパンに並べふたをして、弱めの中火で15分くらい
  蒸し焼きにし、食べる時にポン酢しょうゆをかけ完成です。

No2
とうがらしのコンソメスープ

<材料>

とうがらし:300g

セロリ  :1本

にんじん : 5cm

玉ねぎ  : 1/2玉

チキンコンソメ:3つ

塩・こしょう :少々

みりん : 小さじ1

薄口しょうゆ :小さじ1

<作り方>

1. 肉は1㎝角の大きさに切って野菜薄切りにしておきます。

2. お湯(900ccくらい)がわいたら、コンソメ・具・調味料を
  投入し10分弱ほど煮ます。

3. 火を止める直前にセロリの葉を刻んだものを入れて完成です。

No3
とうがらしの塩こしょう焼き

<材料>

とうがらし :400g

塩こしょう :適量

サラダ油  :大さじ1

酒    :大さじ3

ゆずごしょう:適量

レモン   : 適量

<作り方>

1. 肉にフォークを刺して火の通りをよくし塩こしょうして
  2~3切れに切り分けます。

2. フライパンに油を熱し、中火で4分焼きさらに裏返して
  3分焼きます。

3. フライパンの油をペーパータオルで拭き取って、酒を入れてフタをし
  弱火で6分加熱します。

4. フタを開けたら再び中〜強火でキツネ色になるまでパリッと焼き
  お好みでゆずごしょうとレモンを搾れば完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です