鶏レバーとは?鶏レバーの効能は?鶏レバーを使ったレシピ紹介!

 鶏レバーとは?鶏レバーの効能は?鶏レバーを使ったレシピ紹介!

鶏レバーとは?

鶏の肝臓の事です
鶏の肝臓は豚に次いでビタミンAを多く含む栄養価が高い部位で、
肌荒れなど免疫力が低下している人におすすめです。
鉄分などのミネラルも豊富です。
味わいは動物の肝臓共通の独特の濃厚さです。
甘いコクがあり、ふんわりとやわらかい食感は舌の上でとろけるようです。
鮮度がいいレバーなら、口に入れたときにタレの風味とレバーのコクが一瞬で溶け合い、
最高の味を生み出します。
赤ワインと合わせると、まるでフレンチを食べているような感覚に陥るに違いないです。
焼き鳥の中でもワインとひときわ合う部分の一つです。
白レバーというメニューがある店もあるが、これは脂肪肝、いわゆる鶏のフォアグラ。
鶏のフォアグラは天然物で数十羽に一羽ぐらいしか見つからない超希少部位です。

鶏レバーの効能は?

具体的にレバーを食べると得られる効能には、疲労回復、貧血予防、皮膚病予防、アレルギー予防、
肝機能強化などがあり、私たちの弱った体を回復する効果や予防する 効果を持っています。
特に疲労回復や貧血予防に必要である栄養素の一つ、鉄分の含有率は高いだけでなく、
植物性の非ヘム鉄より5~10倍の吸収率の高いヘム鉄に分類される鉄分であるため、
より貧血予防の効果が高いと言われています。
鉄分が豊富なイメージのレバーですが、実はビタミンAの含有量は食材の中でダントツの1位。
ビタミンAは、目や皮膚を健康で丈夫にする栄養素です。
その為、免疫力を高める効果や、抗酸化作用による老化防止、発がん予防カサカサした肌や粘膜の強化など
に効果があると言われており、その含有量は人参の10倍!
妊活をしている方や妊婦の方は意識して摂取したい栄養素・葉酸。
葉酸には胎児の先天的な異常を予防する効果が報告されており、とても重要な栄養素の一つ。
この葉酸もレバーは多く含んでおり、食材の中の含有量はトップクラスと言われています。
その他にも赤血球の形成や再生を促すビタミンB12や、鉄の吸収を助けるビタミンC、
新陳代謝を促す効果・味覚を正常に保つ効果・生殖機能を正常に保つ効果を持つ亜鉛など、
私たちの体に不可欠な栄養素を多く含んでいます。

鶏レバーを使ったレシピ

レバニラ炒め

◆材料(2人分)◆
●鶏レバー   180g
●にら     1わ
●長ねぎのみじん切り  大さじ1
●おろししょうが    小さじ1
●おろしにんにく    小さじ半分
●豆板醤     小さじ4分の1

〇下味・酒    大さじ1
・しょうゆ 小さじ1
・塩、こしょう  少々
〇合わせ調味料・オイスターソース  小さじ1
・酒 大さじ2
・しょうゆ 大さじ1と半分
・砂糖 小さじ1
・片栗粉、サラダ油

◆下ごしらえ◆
1.にらは4㎝長さに切り、もやしとともに水にさらしてシャキッとさせ、水けを切ります。

◆作り方◆
1.レバーは筋などが残っていたらそぎ取り、7~8mm厚さのそぎ切りにし、
氷水に約10分つけて臭みを抜きます。
水けをきってボウルに入れ、下味をもみ込んで約10分おき、片栗粉小さじ1を加えて混ぜます。

2.フライパンに油大さじ1を熱し、レバーを下味を軽くきって1切れずつ広げ入れ、
両面にこんがりと焼き色がつ くまで焼きます。

3.フライパンのあいたところに豆板醤と、ねぎ、しょうが、にんにくを入れて軽く炒め、
レバーと炒め合わせます。香りが立ったら、にらを加えて手早く炒め合わせます。

4.油がまわったら、合わせ調味料を回し入れて、さっと炒め合わせて味をからめ、野菜をシャキッと仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です