鶏皮とは?栄養成分や機能効果は?おすすめの食べ方は?

鶏皮とは?栄養成分や機能効果は?おすすめの食べ方は?

鶏皮について調べてみました。
栄養素や機能効果・おすすめの食べ方をご紹介します。

鶏皮とは?

鶏皮とは鶏の皮膚のことです。
部位によって厚さが異なるが、一般的に焼き鳥では首の皮が使われることが多いです。
その理由は皮に肉がほとんどついておらず、肉として使えないからです。

首の皮の食感はなめらかでコリコリとした歯ごたえですが、焼き加減でも変わってきます。
カリカリに焼き上げる他、やわらかめに仕上げてクニュクニュした食感を楽しむ場合もあります。

鶏肉のカロリーのほとんどは皮にあると言われるほど脂が多いので、少々重く感じることもあるが、
塩で焼けばさっぱりした味わいで美味しいです。
煮込んで柔らかくした皮にポン酢をかけて食べるのもおススメです。
脂ならではの濃厚な甘味とコラーゲンをたっぷり含む事から女性に人気が高いです。

おすすめの食べ方
1.塩
2.タレ
3.ポン酢
くどくなりがちな脂をさっぱりと食べたいのなら塩がいいです。
食べ始めならタレでこってり味を楽しむのもいいです。
ポン酢も好相性です。

鶏皮の栄養成分や機能効果は?

鶏皮は、素揚げや串焼き、煮物等に利用されます。
栄養成分は鶏もも肉の皮が和牛牛バラ肉以上に脂質が多くたんぱく質が少ないのに対し、
たんぱく質、脂質ともに和牛バラ肉より若干少ないです。

一価不飽和脂肪酸が豊富なのが特徴です。
悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを維持させる働きがあるので、
動脈硬化や高血圧になるのを防ぎ、生活習慣病の予防をしてくれます。
腸管内で吸収されにくいため、腸内の活動を活発にしてくれるので便秘を予防してくれる効果があります。

コラーゲン等の肉基質タンパクを多く含む食材でもあります。

その外にも、ナイアシン・ビタミンKを多く含む食材でもあります。
ナイアシンは、アルコールの分解に消費されるので、
お酒を良く飲む人は多めの摂取を意識すると良さそうです。
また神経系の病気、うつや統合失調症に効くことが期待されているとの事です。
ナイアシンは最も安全で効果的なコレステロール抑制手段であると言われる注目の成分であり、
研究が進められていると言われています。

ビタミンKは血液を止める際に必要なタンパク質の一部になります。
また、カルシウムが骨にくっつくのに必要なタンパク質の働きを補助します。

鶏皮せんべいや焼き鳥のカリカリの食感が好まれますが、加熱して水分と脂肪分が出て行くと
水溶性・脂溶性両方のコラーゲンが一緒に流出してしまいます。
コラーゲンを摂取するには流出した汁ごととれるスープや煮込みが適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です