鶏はなぜ朝鳴く?トサカの意味は?

『コケコッコー』と鳴くのは、オスの鶏のみです。メスは『クオックオックオックオッ』っと鳴きます。

鶏の原種である「セキショクヤケイ」が、ほかのオスに自分のなわばりを知らせたり
メスへの求愛をほかの「セキショクヤケイ」よりも少しでも早くしようとして、
鳴く習性が残っていると言われています。声の良いのがいいオスの象徴のようです。

本来、鳥のさえずりは繁殖期だけのものですが、人間に家畜として飼われるようになり
度重なる品種改良をされてきた鶏は、野生の本能が薄れて一年中鳴くようになったんですね。

鳥類は、夜の間は目が見えません。
朝になると活発に活動できるようになるので、朝早くから騒ぎ始めます。
鳥は目から入った光でホルモンが刺激されて鳴くので、鶏も夜明けとともに鳴くわけです。

また、鶏のトサカの意味ですが、鶏が興奮したり暑さが厳しい夏季などは
頭部を熱から守る役割や体温を下げる機能をしているのではないかと言われています。

鳥類には人間のように汗腺がないので、体温を調節するという非常に重要な役割を担っているのです。

ちなみにトサカだけでなく、あごの下の赤くぶら下がっているニクゼンという部分も
トサカと同様の機能があるようです。

基本的にトサカが大きいものはオス、小さいものはメスとされています。
オスの立派なトサカは、メスへの最強のアピールにもなるのです!

トサカが赤いのはその表層に無数の毛細血管が集まって
血液の色が透けているので赤く見えるのだそうです。

ところで、トサカって食べられるって知っていますか?
かなりレアな食材ですが、さっと湯通しして野菜と一緒に炒めたり揚げたり、
バターでソテーして塩コショウで味付けしたトサカって、実はとっても美味しいんですよ!

女性の美を助けるヒアルロン酸の、多くは鶏のトサカから抽出されています。
たんぱく質、ビタミンA、メチオニン、コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテインといった栄養素を豊富に含み
皮以外はカロリーが低く消化吸収率が95%と消化も良い、鶏ってまさにスーパーフード。

継続的に鶏料理をいただいて、ツヤツヤプルプルお肌を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です