鶏の生態・形態上の特徴は?鳴き声の特徴は?生い立ちは?

鶏の生態・形態上の特徴は?鳴き声の特徴は?生い立ちは?

皆さんこんにちは

ここでは、鶏に関することをレビューしていきたいと思います!!

 

鶏の学名は

ガルス・ドメスティカス

という名前だそうです。 まぁ、あえて鶏で記事を書いていこうと思います(笑)

鳥類のひとつで世界中で飼育されています。これを養鶏といいます。

 

生態・形態上の特徴は?

頭部に鶏冠(とさか)とあごの部分には肉垂(にくすい)もしくは、肉ゼンと呼ばれる皮膚が発達した装飾器官があり、雌よりも雄の方が大きいんだそうです。

耳は、目の後ろにあり耳たぶの事を耳朶(じだ)とよびます

 

鶏が属するのは、キジ科で地上生活に適した足を持っています

一般的に、足の指は4本で雄の足には横向きか後ろ向きに角質が変化した、「けづめ」というものが生えていますが、雌にはないそうです。

まばたきの仕方が、人間とは異なり下から上に被せるようになっています。

また、首を前後左右に振るのは眼球運動ができないからです

 

飛ぶことに関しては得意ではありませんが、野生化した鶏は数十メートルほど飛ぶことがあります

 

鶏の鳴き声の特徴は?

雄鶏特有の甲高い泣き声も鶏の特徴です。

今日ではコケコッコーと表現しますが、江戸時代では東天紅(トウテンコウ)と表現していました。

英語圏では クックドゥードゥルドゥー

フランスでは ココリコ

イタリアでは キッキリキー

などと、様々な表現が持ちいれられます。

ちなみに、雌鳥は雄鶏のように時を告げることは、ほぼ無いそうですが、産卵直後には コッコ、コーコー と多少は鳴くとのこと

 

鶏の生い立ちは?

ニワトリの起源としては諸説ありますが、東南アジアの密林や竹林に生息している セキショクヤケイ を祖先とする説があります。

また、セキショクヤケイ、ハイイロヤケイ、セイロンヤケイ、アオエリヤケイ のいずれか複数の種が交雑してニワトリとなったせつがあります。

 

今回は以上になりますが、また色々な事を記事にしていこうと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です