地鶏種類は?産地は?日本?NO2

地鶏種類は?産地は?日本?NO2

こんにちは、今日も日本の地鶏のレビューをしていこうと思います

 

会津地鶏(あいづじどり)

言い伝えでは、平家の落人が愛玩用に持ち込んだものが広がったとされています

この事から、会津地鶏は、400年前からすでに生息していた

絶滅寸前の、会津地鶏が昭和62年に発見され、福島県養鶏試験場で原種を増殖させました

鹿児島大学での血液検査の結果、現存する鶏とは完全な別種である事が判明

会津地方のみで生息しています

味は、鶏特有の臭みが少なく、適度な歯ごたえとコクと旨みに優れています

鶏種 雄 大型会津地鶏(雄純系会津地鶏×雌ホワイトロック)

雌 ロードアイランドレッド

月間生産量 4,000羽

 

奥久慈しゃも

軍鶏だったしゃもは、気性が荒く、群れで飼うのは困難な鶏ですが、茨城県養鶏試験場で、闘争心を押さえ、繁殖力を高めるように品種改良されました

寒暖の差が大きい奥久慈大子、厳しい自然の中でののびと飼われ、穀物や青菜などを与え、じっくりと育てているそうです

肉質は、低脂肪で歯ごたえがあり、煮てよし焼いてよしの鶏です

 

 

栃木しゃも

栃木県畜産試験場が開発したブランド鶏

肉質がよく、フランス料理の食材としても知られているプレノアールと肉と定評のある、しゃもの血を引いている

自然養鶏のような放し飼いが可能なので、脂肪分が少なく歯ごたえがあり、風味、コクともに優れている

鶏種 雄 しゃも

雌 プレノアール種(雄)×ロードアイランド種(雌)

月間生産量 800羽

 

タマシャモ

埼玉県坂戸市・深谷市を中心に生産されている鶏

埼玉県唯一の銘柄鶏

1984年に、埼玉養鶏試験場で開発された

「大和しゃも」の雄と、「ニューハンプシャー」種の雌を交配して得た雌に「大軍鶏」を交配し「タマシャモ原種」を作った

この原種に、ロードアイランドレッド種を交配して得た雌に、さらにタマシャモを交配して作り出された

1991年から地域農家に雛の提供を始め、180日以上飼育され出荷される

味は、歯ごたえがありコクを出す保水性がありジューシーな肉質

 

 

甲州地鶏

山梨県笛吹市・甲府市で飼育されている地鶏

自然の中で約120日間、手入れの良い環境で飼育されています

肉質が締まり、歯ごたえのある旨みを持った鶏肉で、山梨県の農産物等認証制度の認定を受けている

まんが「美味しんぼ」にも登場しています

鶏種 雄 シャモ

雌 白ロック

月間生産量 2,200羽

 

 

信州黄金シャモ

長野県で飼育されている、信州ブランド

肉質と食味に定評があるシャモと、コクに恵まれた名古屋種の掛け合わせ

信州の自然豊かな農場で、約120日間かけて飼育されている

味は、歯ごたえ、旨み、風味があるうえに脂肪分が低い高級食材

鶏種 雄 シャモ

            雌 名古屋種

月間生産量 3,000羽

 

 

奥美濃古地鶏

岐阜県、日本原産鶏の一種である郡上地鶏

この鶏は、愛好家のみが飼育されているだけだった

1988年、岐阜県特産の「おいしい卵と鶏肉つくり」をテーマに、岐阜県養鶏試験場で、研究が始まった

1992年、全国農業協同組合が「奥美濃古地鶏」の商標権を取得

2001年特定JASに認定された

2009年、「奥美濃古地鶏」の商標権の対象を拡大した(鶏肉のソーセージやハム等)

飼育法は、抗生物質等を一切仕様しない方法で飼育されています

肉質は、赤みを帯び、歯ごたえの良い特徴があります

鶏種 雄 岐阜地鶏改良種

雌 ロードアイランドレッド交配種(雄 ホワイトプリマスロック×ロードアイランドレッド)

月間生産量 16,500羽

 

今回は、以上になります

それでは、また次回!!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です