地鶏料理の魅力って?4つの人気料理の魅力を紐解きます!

地鶏の特徴を最大にしかも気軽に楽しめる料理としてあげられるのが「ヤキトリ」です。
直火でていねいに炙った地鶏のヤキトリは、うま味が一滴も外に出ず鶏の濃厚な風味がジューシーに味わえます!
締まった肉質は加熱しても弾力を失わず適度な歯ごたえは満足感を得られます。
しかも香ばしく焦げた鶏肉の香りは食欲をより刺激します。
上質な脂で焼き上がりが美しく、そのビュジュアルもより食欲をそそります。

地鶏ならではのコクと生独特の歯ごたえを楽しめるのが「刺身」です。
様々な薬味とともに楽しみましょう!
宮崎や鹿児島などでは、地鶏が昔から刺身で食べられてきたように、地鶏の魅力は刺身でも楽しめます。
鮮度の高い状態で地鶏肉が入手できるようになったこんにちでは
地鶏の刺身を提供する飲食店は全国的に増えてきました。
火を通す調理法にはない、ねっとりとした食感と自然な味わいが鶏刺の特徴です。
部位によってその味わいは様々です。
「モモ肉」「ムネ肉」「ささみ」「レバー」「ハツ」「砂肝」など、ずべて味わい・食感が異なります。
脂肪の少ないさっぱりとした味が特徴の「ささみ」は、ヘルシーな味わいで女性に人気です。
とろけるような舌触り、濃厚なコクがある「レバー」や「ハツ」は、お酒のつまみとして相性抜群。
さらに、それら鶏刺につけて食べる薬味も様々です。
わさび・醤油・味噌・塩・ポン酢・ごま油など多彩な楽しみ方ができるのも嬉しいですね!

肉のうま味、濃厚な肉汁を堪能できるのは酒の肴でも人気の「揚げ物」です。
鶏の唐揚げは、酒の肴としても家庭料理としても定番おかずのひとつです。
この料理に地鶏を用いるとブロイラーとはまるで別物と思えるほど魅力的な料理になります。
薄く衣をつけて絶妙のタイミングで揚げた地鶏の肉は香りも自然で嫌みがなく上品です。
表面はサクッとした心地よい歯ごたえでほくほくの肉はしっとりとなめらか。
そして衣で閉じ込められていた濃厚なうま味の肉汁が口の中いっぱいにあふれ出てきます。
鶏の揚げ物は、唐揚げのほかに「竜田揚げ」や「チキン南蛮」「鶏天」とレパートリーは広いですね。
肉のうま味と肉汁を堪能できる揚げ物料理で地鶏の魅力を楽しみましょう。

肉そのもののうま味が濃厚な地鶏は、寒い冬場に人気の「鍋料理」でもその持ち味を存分に発揮します!
地鶏を使った鍋料理では、まず鍋の具材として肉のうま味を楽しめます。
引き締まった肉質の中にはうま味がしっかりと閉じ込められており、温められて鍋地にうま味が
流れ出てもなお風味豊かで、噛みしめるほどに口の中に鶏のうま味が広がります。
さらに肉だけでなく、ガラや肉から出るダシにも自然と深いコクとよい香りがあります。
他の多くの鍋料理が豊富な具材の組み合わせを楽しむのに対して、
地鶏で作る鍋料理では鶏そのものの純粋なうま味をストレートに堪能できるのが特徴と言えます。
地鶏の持ち味を活かせる鍋料理としては、シンプルな水焚きはもちろんのこと、
各地に郷土自慢の鍋料理があります。
郷土の味で様々なバリエーションが楽しめるのも大きな魅力ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です