インコやオウムはどうして喋ることができるの?仕組みは?

犬や猫、サルなどの動物は喋りませんが、鳥の中でインコやオウムは
人の言葉を真似して喋ることができます。
九官鳥も喋ることができる鳥ですよね。

インコやオウムが喋ることができるのには、人間との共通点が3つありました。

仲間とコミュニケーションを取るため

人間は言語を使用してコミュニケーションを取ります。
鳥も、呼び鳴きすることで仲間の存在を確認したり、さえずる事で求愛を示し、
声を発することで仲間とコミュニケーションを取っています。

人間の言葉を喋るのは、飼い主のことをつがい(仲間)と思っているからで、
飼い主の声と同じ声を出すことで、お互いの絆を保とうとしています。

そのため、言葉の意味自体は理解していません。
「オハヨウ」と喋れるようになっても、それを朝の挨拶として理解している訳ではなく、
朝、「オハヨウ」といことで飼い主が喜ぶということを理解できる鳥はいるそうです。

とくに、1羽だけ飼っている場合は、相手は人だけなので、
人と同じ声を出すことがより大事になるそうです。
逆につがいで飼うと、言葉をあまり覚えません。

声を発することのできる器官が発達している

人間は声を発する声帯などの器官が発達しています。
鳥には肺のすぐ上に「鳴管(めいかん)」と呼ばれる発声器官があります。

この発声器官の、人間と鳥の共通点は、
共に、「産まれたあとの子(ヒナ)が弱く、巣に留まって親にエサをねだる」
という行動を取ることです。
親にエサをねだるために色々な声が出せるように
器官が発達したという説があるそうです。

鳥の中でも喋る鳥とそうでない鳥といますが、
九官鳥などのスズメ目(もく)、インコやオウムなどのオウム目、
ハチドリなどのアマツバメ目という三つのグループの鳥たちは
鳴管の周辺の筋肉が他の鳥たちよりも多く、
発達しているため、多様な声が出せるそうです。

とくに、オウム目は声を出す機能が進化していて、色々な音を学べるそうです。

脳の神経回路の仕組み

音を学習することのできる鳥は、脳の中の中脳と脳幹というところに、
「音を聞いたときに働く部分」と「声を出すときに働く部分」があります。

人間とオウムなどは、これらの部分が大脳を介してつながっているため、
聞いた声を学び、同じ音を出すことができます。

犬や猫やサルや、音を学習できない鳥は、この部分が大脳とつながっていないため、
声を聞いても、同じ言葉を出すという機能が発達していないのです。

聞いた声を、真似て発する行為は、脳の神経回路の仕組みが関係していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください