鶏ちゃんとは?どんな料理なの?作り方は?

鶏ちゃんとは?どんな料理なの?

鶏ちゃんとは、岐阜県で人気の料理で、岐阜県の、下呂市・群上市を中心に食べられている料理のようです。

北海道のジンギスカン料理が起源になっていると言われています。
岐阜県の羊の飼育が盛んだった地域でも、ジンギスカン料理が広まったそうですが、一般に普及せずに牧羊が途絶え、ジンギスカン料理ではなく、その調理法を応用して、鶏肉を調理するようになり、鶏ちゃんという料理生まれたそうです。
味のついた肉を野菜と一緒に焼いて食するという点においては、ジンギスカン料理と似ているそうです。

鶏ちゃんは、昭和30年代に養鶏場のニワトリを活用する為に考えれた料理にで、
商品化された当時は「味付けかしわ」「鳥ホルモン」などと呼ばれていたそうです。
豚肉などの内臓料理である「とんちゃん」をもじって「けいちゃん」「ケーちゃん」の名前がつけられるようになり、
パック商品が流通し、昭和50年代頃から、その名が広く普及していったそうです。
今でも郡上市では鶏ちゃんを「ホルモン」「鳥ホルモン」とする呼称が残っているところもあるそうです。

漢字を使った「鶏ちゃん」の表記が使われるようになったのは、平成に入ってからのことで、今でも下呂市や郡上市では、「けいちゃん」「ケーちゃん」など、ひらがなやカタカナの表記が一般的だそうです。

今回、鶏ちゃんを調べてたところ、鶏ちゃん合衆国というものがあることを知りました。
たくさんの人に愛されていることが伝わります。
鶏ちゃんの歴史についてそのホームページ記事を参考にしています。
一度覗かれてみてはいかがでしょうか?

鶏ちゃんの作り方は?

作り方は、簡単でキャベツを一口大に切り、ニンニクをきかせて味噌で味付け炒めたものです。
味付けも様々あり、醤油ベースや塩味、最近では、バジル味やカレー味もありバリエーションも豊かな食べ物です。

キャベツ以外の食材をお好みで使い、アレンジする人も増えてきているようで、鶏のモツを加える人も多く、家庭料理の1つとして地元で″鶏ちゃん″は大人気メニューだそうです。
今では、日本各地で銘柄鶏が飼育されており、銘柄鶏を使った料理としても人気をよんでいるそうです。

ケンミンショーにも紹介されたこともあり、『鶏ちゃんレシピ』をご紹介します。

材料

・鶏もも肉 250g~300g

・キャベツ 2~3枚

・玉ねぎ 1/2

・人参 1/2

(お野菜は好きなものを使ってok!)

しめじやピーマン、ニラやもやしなどのお野菜を入れても美味しいです。

・味噌 大さじ1

・醤油 大さじ1

・みりん 大さじ1

・酒 大さじ2

・すりおろしニンニク 1片

・すりおろし生姜 少々

・砂糖 少々

・ごま油 適量

・豆板醤 小さじ1

1. 上記の調味料を全て混ぜ合わせ鶏ちゃんのタレを作ります。

2. 混ぜ合わせたタレを鶏もも肉やキャベツ、玉ねぎ、人参などの野菜に絡ませます。

3.  フライパンにごま油をひき、炒めて出来上がりです。

タレに漬け込むことで、味がしみこんで、更に美味しくなります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です