ぼっちとは何か?おいしく食べるには?レシピを紹介!!

ぼっちとは何か?おいしく食べるには?ぼっちレシピを紹介!!

ぼっちとは何か?

尾羽の付け根にある尾端骨(尾骨)周りの三角形の肉で、その形からさんかくとも呼ばれ
脂肪に包まれた肉は運動量が多くよく発達しているが、場所が場所だけに取れる量は
ごく少ない部位です。
鶏のうちでも、もっとも脂肪が多い部位の一つでもあります。

おいしく食べるには?

見た目はほとんど脂のカタマリ、とてもジューシーでとろけるような食感は
脂と皮の中間くらいといったところで意外に歯切れがよく、やわらかいのに
歯ごたえもあり脂は甘く、よく焼くと脂が落ちてもちもち感が増します。
食べ方としては、生醤油で焼いてネギと一緒に食べるのがおススメです。

ぼっちレシピを紹介します

No1
ぼっちのシンガポールチキンライス

<材料>

ぼっち :600g

しょうがスライス:2枚

にんにくのみじん切り:2かけ

サラダ油    :大さじ1

塩       :大さじ1

きゅうりスライス:半分

小ねぎ     :適量

しょうゆ    :大さじ1

ごま油     :大さじ1

<チキンライス材料>

米       :2カップ

鶏肉      :適量

鶏ガラス-プ  :ごはんを炊く分量

塩       :少々

<作り方>

1. 肉は塩を振り、にんにく・しょうが・サラダ油をまぶし
15分置き、チキンが浸かる深鍋にたっぷりお湯をわかします。

2. 沸騰した湯に肉を入れ火を止め、フタをして15分置きます。

3. 肉をボールにあげ、野菜を添えてソースの材料を混ぜたものを
食べる直前にかけます。

4. 次にチキンライスを作るため、鶏肉を炒め、しょうが・にんにくを
香りが出るまで炒め、米を加えて炒めます。

5. 炊飯器に炒めた材料を移し、チキンを作った時のスープを通常水分量
どおり入れ塩を加え炊きます。

6. 鍋に残ったスープにお好みで塩・鶏ガラの素をいれ味を整え器に
よそって、小ねぎやお好みのやくみを散らして完成です。

No2
ぼっちの煮込み汁

<材料>

ぼっち :250g

にんじん:1/2本

かぶ  :1個

玉ねぎ :1個

長ネギの青い部分:少々

黒こしょう   :ひとつまみ

塩       :大さじ1

コンソメ    :大さじ1

<作り方>

1. にんじん、かぶ、たまねぎはくし切りにしておきます。

2. 小鍋にお湯を沸かし、ぼっちを入れて脂が出てきたらザルにあげます。

3. 野菜とぼっちを鍋に入れ、ひたひたになるまで水を入れ沸騰させます。

4. 沸騰したらアクをとって弱火にし、黒コショウ、コンソメ、塩を入れます。

5. 時々アクをとりながら30分程煮混み、味見をして塩・コショウで整えれば
完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です